プロペシアが効かない人のタイプ

プロペシアは男性型脱毛症の治療に際し、ある程度の効果があるとされている薬のことです。
男性型脱毛症が引き起こされる原因のひとつには、特定酵素と男性ホルモンが結合することで、発毛や育毛を阻害するような、強力な男性ホルモンが誕生してしまうことが挙げられます。
プロペシアは、特定酵素の働きを阻害する作用を持っています。
そのため男性型脱毛症に対して効果が期待できると言うことです。
ただし男性型脱毛症には、他の原因が関係していることもあります。
現に特定酵素の受容体の数には個人差があるとも言われていますから、この原因に該当しないタイプの人はプロペシアの効果を得ることは難しい言うことができます。
では、どのようなタイプが挙げられるかと言うと、まずは頭皮環境が悪化している人です。
発毛、育毛が正しく行われるためには、毛母細胞が活発に分裂を繰り返していること、そして頭皮の衛生状態が整っていることが必要です。
よってたとえば、頭皮の血行が滞りがちで毛母細胞の分裂が不十分だったり、頭皮の衛生状態が悪く髪が育ちにくい状態だったりすると、薄毛や脱毛が出やすくなります。
ですがここに特定酵素や男性ホルモンの作用はほとんど関係していないわけですから、こうしたタイプの場合は、プロペシアを利用してもほとんど効き目はないと言えます。
それから生活習慣が乱れている人も、プロペシアが効かないタイプに該当することが多くあります。
睡眠時間が不足の男性
たとえば睡眠時間が不足していると、発毛のために必要な成長ホルモンの分泌が不足してしまいます。
脂質の多い食事ばかりを食べていると、全身の血流が滞りがちになり、それがやがては頭皮の環境悪化を招くことも考えられます。
このような状態は、やはりプロペシアの作用が及ぶところではないので、効かないタイプだと言えます。