AGAとは

AGAに悩まされる男性
AGAとは男性型脱毛症の略で、多くの成人男性が悩まされる代表的疾患の1つです。
このAGAは男性ホルモンのテストステロンによって引き起こされます。
よって性器が成熟してきてテストステロンの産生量が急激に増加する思春期以降にAGAの発症率は高くなります。
テストステロンは主に精巣で産生されますが、副腎でも産生されます。
このような臓器で産生されたテストステロンは血流に乗って全身へと運ばれます。 テストステロンは毛根組織に達すると5α還元酵素によって還元反応を受けジヒドロテストステロンへと変化します。
ジヒドロテストステロンとなると毛根のアンドロゲン受容体に結合しやすくなり、結合すると毛髪の成長期を短縮させ、毛を細くし、いずれ脱毛していきます。これがAGAの発症メカニズムです。

育毛効果のある成分フィナステリド

数ある薬品成分の中でフィナステリドが薄毛に有効といわれています。
フィナステリドは5α還元酵素の働きを阻害します。これによってテストステロンが毛根へ影響を与えられなくなり、ヘアサイクルを整えて結果としてAGAを改善、予防します。
有効成分フィナステリドであるプロペシアは発毛効果を期待できるでしょう。
フィナステリドという成分を含むプロペシア
プロペシアは処方箋医薬品であり、医師の処方がなければ入手することができない薬とされています。
つまり病院を受診して薬をもらうわけですが、病院の診察費用、薬代は保険適用されず全額自己負担となります。
お薬自体も高いもので、1か月分で1万円以上の費用がかかります。
海外の通販サイトを利用すれば、診察料など一切かからないのでコストを抑えて購入することができます。
また、近年はプロペシアのジェネリック医薬品であるフィナステリドという商品も市場に出回っており、プロペシアより安価に入手できるようになっています。
一般用医薬品にはこのフィナステリドを含有する薬はありません。フィナステリドを使用した治療を行いたい場合には病院で医師に相談してみましょう。

プロペシアの通販購入はこちら

育毛剤にも種類があるの?

日本国内で手に入れることが可能な育毛剤は、全体で分けると三つの種類に分けることが可能です。
それぞれの分類で利用できる育毛剤の効果は全く異なりますので必ず知っておかなくてはいけません。
中には、身体に対して一定の副作用が生じるようなものも存在しますので、間違った使い方をすると副作用に悩まされてしまうこともあり得ます。
育毛剤の種類について調べる男性
まず、一般市場で販売されている育毛剤には化粧品と呼ばれるもの医薬部外品と呼ばれるものがあります。
化粧品というのは、医学的な効果を期待して利用するというよりは美容の観点からより綺麗に見せるために利用するためのものです。
効果は薄いですが美容にとっては良い可能性があるので、使う人は多いです。
もう一つ市場で販売されているのが医薬部外品というもので、これに関しては一定の効果があると判断されています。
ただ、効果があると判断しているのはそうした製品を販売している販売会社であることを知っておく必要があります。
これは、医学的な観点から効果があると認められている医薬品とは大きな違いなので注意が必要です。
市場から入手できる医薬部外品の効果は、あくまでも販売会社がそうであると言っているだけで医学的な効果を確認できていないことに特徴があります。
ですから、継続的に利用したとしても患者に対しては全く育毛効果が現れないこともあります。
そして、これらと異なって専門のクリニックなどを経由して入手できるのが医薬品の育毛剤です。
育毛剤に関してはハッキリと育毛の効果があると認められているものなので、継続的に利用することで高い確率で育毛ができます。
ただ、医薬品だけあって効果はあっても副作用が生じてしまう可能性がある点については気を付けなくてはならないでしょう。

育毛を始める時の注意事項

育毛を始める時の注意事項について考える男性
育毛対策をする上で注意したいのが原因を知らないまま対策をしないことです。
薄毛になってしまう原因はひとつではなくいくつもありますが、何が原因になっているかによって対策方法が違ってきます。
闇雲に対策を行っても効果は低くなりますし、却って頭皮環境を悪くして薄毛になり易くなってしまう恐れもありますので、まずは何が原因なのかを確認してみた方が良いでしょう。
なお自身では原因が判断できない場合には病院に相談をしてみることも時には大切です。
育毛の為のアイテムだけに頼り過ぎないようにするのも注意した方が良いことです。
例えば育毛剤や治療薬、育毛シャンプー、レーザー機器、頭皮マッサージ機器など、育毛に役立つとされているアイテムは色々ありますが、こうしたアイテムだけに頼ってしまうと育毛に失敗する可能性があるのです。
薄毛を予防したり改善する為には基本である生活習慣をしっかりと整える必要がありますし、生活習慣が乱れていると対策の効果も発揮され難くなってしまいます。
あくまでも地盤をしっかりと整えた上で育毛アイテムを使ってこそ意味がありますので、対策法を誤らないように注意しましょう。
継続性をもって取り組むことも重要です。対策をすることによってすぐに効果が出るのを期待されることもあるようですが、短期間で効果が出ることは殆どありません。
病院での治療ならまだしも自宅での対策ですと劇的な効果を得るようなことは難しいのです。
例えば育毛剤を使用する場合でも、最低6ヶ月は継続してみた方が良いと言われています。
続けてみてこそ効果が見えてくるものですから、効果が出ないからと止めるのではなく根気をもって対策をし続けるようにしましょう。